ブレーキ交換

ごきげんよう♪

さて、ブレーキ交換ですよ~~~



SHIMANOの105シリーズのブレーキを用意しました。
で、リグ君のブレーキを見てみます。
アマゾンでは見つからなかったんですが、見るからに安い奴ですね。

で、取り外して分かったことが・・・・・。
105ではアーチ長が微妙に足りないw
前はなんとかブレーキシューがリムに収まるんだけど、後ろはリムからはみ出てタイヤにかかってしまいます。
さて、物理的に無理なのはさっくり諦めて別なのを注文です。


グレードはぐんと下がりますがね。しゃーない。
105は次にまともなロードバイクを買ったときのために取っておきましょう。

ついでにリグ君のフォークに空いている穴は最近の埋め込み式ではなく、ナット止め用なので、気合があったらドリルで後ろ側だけ削って埋め込みに改良する予定ですが、とりあえずナット止めしておきます。
後輪側もナット止めにしておきます。この時に一気に絞めないでおきます。
ブレーキワイヤーを所定の位置に仮止めしてリリースレバーを戻してリムとの整合性を見ます。
問題ないようならブレーキを目いっぱい引いてセンターを出したら固定用のナットを本締めしておきます。
ブレーキシューの調整もしておきますね。
シューの後ろ側に0.5mmくらいの紙を挟んでブレーキを引いたら、シューの固定金具を緩めて、また絞めなおす。これだけです。詳しくは”ブレーキシュー” ”調整”あたりで検索してください。文章だとわかりにくいので。

ブレーキ交換そのものはこれで終了ですが、いきなり公道には出ないで車や人がいないところでブレーキの利きを確認してくださいね。

ブレーキワイヤーの先端の処理はワイヤーカッターを使うといいです。

こうゆうのをはめてあげるといいですよ。

次回は大がかりですよ。


この二つ。ハンドルの交換にシフトレバーの交換と大作業ですね。


ついでに、近所にスポーツデポが気づいたら出来てたので、自転車部品の入手性がよくなりました。
というかまともなロードバイクが乗って帰ってこれる距離で買えるようになったのは良いことですな。
[PR]
by jigokumeido | 2016-10-16 18:09 | 自転車