裏が取れなきゃ、そりゃ資料じゃねぇ

旧日本軍の従軍慰安婦問題で、太平洋戦争中にインドネシアのバリ島に海軍兵曹長として駐屯していた男性が、1962年の法務省の調査に「終戦後(慰安所を戦争犯罪の対象に問われないよう)軍から資金をもらい...
ごきげんよう♪

歴史資料というのは、ある一方の主張を取り上げると痛い目に合うので、相反するもう一方の証言を突き合わせて、初めて「事実」といえるものでしょう。


ってか、この教授、従軍慰安婦問題なんかでもずいぶん適当なことをやってるようじゃないですかw

記事に悪意が見えますよ~~~。
この記事だけ読んだら、強制連行の事実があったように誤認するじゃないですか、共同通信何やってんの?
[PR]
by jigokumeido | 2014-03-22 19:56 | 日記