ミノルタの古いレンズを買ってきたぞ。

ミノルタAF75-300mmF4.5-5.6を見つけたので買ってみましたよ。

1988年発売らしい・・・・・・。

らしいってのは、すでにミノルタの公式HPからカメラ用レンズのページが削除され、詳細情報がよくわからなかったため。

このレンズ、何度かリニュアールしているようだけど、今回手に入れたのは最も初期型のレンズのようですね。

でもって、描画テスト。ボディーはα57です。


a0095199_2395452.jpg

ある意味動体ではありますが、まあ、動きも予想しやすく、遅いのでなんとかAFは追随できます。
ピント面は比較的しっかりとした描画が出来てますし、周辺も悪く無い。
AFは遅いけど、このくらいのものならまあ許容範囲でしょ。


a0095199_2310010.jpg

動かないものならそこそこ良く写ります。毛の描画なんかは破綻もないし。
望遠側の開放でこのくらいならいいんじゃないですかね。



a0095199_2310378.jpg

ちょっとゴミが写り込んでますが、思いっきり絞った時だとこんくらい。
結構大きめのフレアが出てますが、全体として見ればイケてるんじゃないでしょうかね?
鉄塔が回析の影響でシャープさに欠けますが、F=32まで絞ればこれは仕方がないと言えますね。



昨日、カメラ屋さんをちょっと覗いたら3000円で売ってたレンズなんで文句は言いませんw
しかし、こんだけ古いレンズがちゃんとAFで動くってのもすごいねぇ~~
[PR]
by jigokumeido | 2013-11-20 23:28 | α57